トレンドニュース



大手医療法人「徳洲会」グループの選挙違反事件の容疑がある
徳田毅衆院議員が辞職願をやっと出しましたよね。

親族が逮捕起訴され選挙違反を認めているんだから
どうしようもありませんよね。

「これ以上、私が衆議院議員の立場にとどまるのは、国政のためにも
私の地元である鹿児島市谷山、指宿市、奄美市のためにもならないという判断から、
本日、辞職をする決意をさせて頂いた」

ということを理由に議員辞職願を提出したようですね。

まあ今問題になっているのは選挙違反事件の容疑ですよね。
組織が大きくなると徳洲会だけではなく、自分の利益の拡大
のために組織ぐるみで操作を行う。

徳洲会の理念「生命だけは平等だ」はすばらしいと思う。

徳洲会グループは、「いつでも、どこでも、誰でもが最善の医療を
受けられる社会」を目指し以下の理念を掲げ、年中無休・24時間体制で
患者と向き合っている。
「生命だけは平等だ」
「生命を安心して預けられる病院」
「健康と生活を守る病院」

この理念は、命が尽きる幼い弟に何も出来なかった少年時代の徳田虎雄の
“悲しみ”と“悔しさ”から生まれたものだと考えられる

どうですか。これだけを見れば美談ですよね。
設立当時の最初の掲げたスローガンも時間がたつと忘れてしまうんですね。

人間、誰しもが持つ「欲」。最初はこの欲を人間がコントロールしているが
時間がたつと逆に欲が人間を支配するようになる。

この「徳洲会」グループの選挙違反事件もその典型的なものでしょう。



トレンドニュース