アメリカ大統領選挙 トランプ勝利も内部から反発!




トランプ
アメリカ大統領選挙に向けた候補者選びで共和党の指名を獲得することが
確実になったトランプ氏に対し、党首流派で前回の大統領候補のロムニー氏
はトランプ氏が正式な候補として示される予定の党大会には出席しない意向
を示し等トランプ氏と党主流派との根深い対立を印象付けています。

アメリカ大統領選挙に向けた野党共和党の候補者選びはトランプ氏が党の
指名を獲得することが確実となっています。

しかし、トランプ氏の指名獲得を阻止しようとしてきた党主流派の代表格で、
前回の大統領選挙で共和党の候補だったロムニー氏は5日、トランプ氏
が正式な候補として示される予定の7月の党大会には出席しない意向を
示しました。

また、前回の共和党の副大統領候補ライアン下院議長も5日、CNNテレビに
出演して今の状況では、トランプ氏を支持することはできないと述べる等、
トランプ氏と主流派との根深い対立を印象づけるものとなっています。

さらにブッシュ元大統領、ブッシュ前大統領、そして候補者選びでトランプ氏
と激しく争ったジェブブッシュ元州知事も党大会には参加しない意向を
示しています。

また8年前の共和党の候補だった。党の重鎮マケイン上院議員も党大会の
出席を見送る意向を表明しています。

マケイン氏は、大統領選挙とともに行われる11月の上院議員選挙で
再選を目指しますが、移民問題を巡るトランプ氏の過激な発言が自らの
選挙戦にも悪影響をおよぼしかねないと懸念を示しているということで、
7月の党大会は大統領経験者やかっての党の正式候補が参加を見送る
異例の展開になる見通しです。