スポンサーリンク

気象・交通情報 5月4日

気象情報関連

低気圧や前線の影響で東日本や北日本の沿岸部を中心に風が
強まり、東海や関東では局地的に雨も強まっています。

 

この後、しばらく東海や関東では激しい雨が降る恐れがあり、気象庁
は暴風や高波に警戒するとともに、低い土地の浸水等にも十分
注意するよう呼びかけています。

 

気象庁によりますと、日本海の北にある発達した低気圧と前線の
影響で北日本や東日本の沿岸部を中心に風が強まっています。

北海道斜里町で午前3時28分に28.5メートル。東京八王子市で
午前3時20分に28メートルの最大瞬間風速を観測しました。

 

また、前線の通過に伴って東海や関東等で大気の状態が不安定
になり、午前6時までの1時間には静岡県御殿場市で22ミリの
強い雨を観測しました。今日は西日本から北日本の海上を中心に
昼過ぎにかけて非常に強い風が吹き、最大風速は伊豆諸島で
22メートル。

 

中国と関東の陸上で18メートル、海上で20メートル。北陸の陸上
海上ともに18メートル東海と北海道の陸上で15メートル、海上で
20メートル。近畿と東北の陸上で15メートル、海上で18メートルと
予想され、最大瞬間風速は30メートルから35メートルに達する
見込みです。

 

西日本から北日本の海上では波の高さが5メートルとしてしける
見込みです。発達雨雲がかかっているため、この後しばらく東海
では1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が関東では1時間に
30ミリ以上の激しい雨が降る恐れがあります。

気象庁は暴風や高波に警戒し、低い土地の浸水や土砂災害、
落雷、巻等の突風に十分注意するよう呼びかけています。




交通事故・情報関連

昨夜、山口県下松市の山陽自動車道の下り線でトラックや
乗用車等合わせて7台が関係する事故がありました。

 

警察によりますと、この事故で、女の子1人を含む3人が死亡、
6人がけがをしました。昨夜9時40分頃、下松市の山陽自動車道
の熊毛インターチェンジと徳山東インターチェンジの間の下り線で
トラックや乗用車等合わせて7台が関係する事故がありました。

 

警察によりますと、この事故で3人が死亡し6人がけがをしました。
死亡した3人は1人は女の子で1人は成人の女性、もう1人は
男性だということです。警察によりますと、現場は下松サービス

エリアから西におよそ2キロの片側2車線の直線の区間で事故当時、雨で路面がぬれていたということです。

また事故があった先の区間が別の大型バイクの単独事故の影響で
一時通行止めになり、通行止めが解除された直後、渋滞していた
列に車が突っ込んでこの事故が起きたとみられるということです。

警察が関係者から話を聞くなどして当時の詳しい状況調べています。

 

山陽自動車道はこの事故の影響で熊毛インターチェンジから徳山
東インターチェンジの間の下り線が6時間あまりにわたって通行止め
になりました。高速道路の混雑は大型連休後半に集中していて、
今日は上り線下り線ともに激しい渋滞が予想されています。

 

日本道路公団に頼りますと、午前6時半現在、目立った渋滞は
起きていませんが、この後、下り線が東北自動車道で午前8時頃、
埼玉県の羽生パーキングエリア付近を先頭に35キロ。

 

常磐自動車等で午前10時頃、茨城県の友部ジャンクション付近を
先頭に35キロの激しい渋滞が予想されています。
一方上り線は午後から込み合う見通しで、関越自動車道で
午後6時頃、埼玉県の高坂サービスエリア付近を先頭に45キロ。

 

東北自動車道で午後5時頃、栃木県の上河内サービスエリア付近を
先頭に35キロ。
常磐自動車等で午後6時頃、千葉県の柏インターチェンジ付近を
先頭に30キロ。

 

中央自動車等で午後7時頃、東京都と神奈川県の境にある
小仏トンネル付近を先頭に30キロの激しい渋滞が予想されています。
Uターンの上りの混雑は高速道路が今日と明日
新幹線と国内の空の便が明日ピークとなる見通しです。

スポンサーリンク