スポンサーリンク

コパノリッキー GI初Vトレンドニュース



昨日東京競馬中で開催された第31回フェブラリーSで
最低人気だったコパノリッキーが見事逃げ切り優勝!!

ここで注目されるのがこの馬の馬主が一時期、風水で人気を博した
ドクターコパこと小林祥晃さんだ。
「馬主になって12年あまり。GⅠレースの表彰台に立つという夢がかないました」
と喜びを語った。1着賞金9400万円はだった。

当然配当金も高額で、

・馬連(13)(15)は8万4380円
・馬単(13)(15)は25万6050円
・3連複(11)(13)(15)は5万5360円
・3連単(13)(15)(11)は94万9120円

という結果になった。

鞍上の田辺騎手にとってデビュー13年目で勝ち取った念願のG1初制覇だ。

「今日はただでさえ長い東京の直線が長く感じられました。
ホッコータルマエのメンコがちらついて、ある程度で止まってくれて、
あともうちょっともうちょっとと思いながら追っていました。よく凌いでくれました。
今日は小細工なしに正攻法で行きましたが、絡んでくる馬もおらず、
ペースも落ち着いて、道中の手応えも抜群でした。それが最後の伸びに
つながったと思います。最後まで止まらず、よく走りきってくれました。
帰ってくる時も引っ掛かるくらいの手応えでした。初めてのGIを勝たせてくれて、
馬にありがとうと言いたいです」

ナーンテ素直ないいコメントですね。今後に期待したいです。

そこで今日は馬主のドクターコパこと小林祥晃にも少し焦点を
あててみます。
最近あまりテレビでも見かけないのでYouTube動画を探してみました。
去年夏場のインタビュー動画がありました。
トレンドニュース

しばらくぶりに見るドクターコパでしたが、頭に白髪が混じり
ずいぶんジーサンになったなという感じでしたね。

<来歴>

小林祥晃 1947年5月5日生まれ66歳。
日本大学理工学部建築学科卒業。祥設計株式会社社長。

建築家でもあるんですね。驚き!!
爺さんの代から三代続けて神職に関係してんですね。そんな関係で
自分でも気学、方位学を勉強し、風水ブームの到来の波にうまく
乗ったという感じでしょうか。

以上簡単にドクターコパの紹介でした。



トレンドニュース

スポンサーリンク