アデリナ・ソトニコワ ソチの氷上に舞う新女王


アデリナ・ソトニコワ ソチの氷上に舞う新女王ソチ五輪


ソチ五輪女子フィギャー。見ごたえがありましたね。
浅田真央チャンも最後は納得のいく演技で締めくくりましたね。

そしてキム・ヨナを抑えて見事金メダルを手にしたのは
アデリナ・ソトニコワ

女子フィギャー個人戦の前はリプニツカヤ一色だった。
団体戦のSPにもFREEにも出場できなかった。悔しい思いはあったろうが
逆にこれが彼女に幸いしたのかも知れない。

今考えればリプニツカヤはその周りの大きな期待で押しつぶされた
格好になった。今までなかったミスを連発。

やはり15歳の少女にとって大きくその重圧がかかってしまった。

それに反しソトニコワが俄然注目されたのはSPでキム・ヨナ次いで
2位に食い込んでからだ。

それからフリーの演技まで上昇の気持ちを保ち続けることが出来た。
そしてフリーでの演技。

自身の最高記録をはるかの上回る得点で逃げ切り金メダル。

いくら運がよかったといっても、真の実力がなければとうてい金メダル
を獲得することは出来ない。

かれから女子フィギャー界はこのアデリナ・ソトニコワを中心に
回っていくことだろう。

3月に行われる世界選手権で真価が問われるだろう。

今日はこのアデリナ・ソトニコワに焦点を当ててみる。


アデリナ・ソトニコワ来歴

1996年7月1日 モスクワ生まれの17歳。
6歳からスケートを始める。7歳のときの名門クラブCSKAモスクワに入る。
2004年からエレーナ・ブヤノワの指導を受ける。
2008年のロシア選手権優勝。
2010-2011年シーズン 
・ジュニアグランプリ(JGP)第3戦のオーストリア杯優勝。
・第5戦のJGPジョン・カリー記念優勝。
・ロシア選手権優勝
・世界ジュニア選手権優勝
・中国杯とロステレコム杯

2011-2012年シーズン
・中国杯とロステレコム杯3位
・ロシア選手権優勝
・世界ジュニア選手権3位

2012-2013年シーズ
・欧州選手権3位
・世界選手権9位
トレンドニュース

2013-2014年シーズン
・ロシア選手権優勝
・欧州選手権

そしてこのたびのソチ五輪で見事優勝、
旧ソビエト連邦時代からロシア代表選手として初めて、女子シングル
で金メダルを獲得した。

以上の試合での来歴を振り返ってもその実績から真の実力の
持ち主であることは確かだ。

最後に簡単だが個人情報を。

二歳下の妹が1人。2013年、将来コーチになるために、ロシアの体育大学に進学した。

いかがでしたかアデリナ・ソトニコワ。
素敵な女性ですね。また彼女には2歳年下のリプニツカヤというライバルが
同じ国にいることが励みにもなりますね。

それに比べわが日本は浅田真央に続く選手がすくないようですね。



CNNニュース