ソチ五輪

スノーボードパラレル大回転で夫婦でメダル獲得という快挙を
成し遂げたのはロシアのビック・ワイルドとアレーナ・ザワルジナ。

夫が金で妻が胴メダル。喜びも一層だろう。

夫のワイルドはアメリカ人だが結婚した翌年の2012年にロシア国籍を
所得した。アメリカ人からロシア人になった。

そしてこの快挙を夫のワイルドは

「アレーナと一緒にメダルを獲得できるなんて最高だ。
一人が取っただけでも素晴らしいけれど、そこまで喜べないからね」
「2人が同じ日に成果を出せるなんて、ただただ凄いよ。
こんなことがあるなんて、出来過ぎだ」

と語ると妻のザワルジナは

「ビックの言うとおり。1人が勝利を手にしても残る1人がだめだったら、
それはそんなに良いことじゃないの」

「私たちが2人ともメダリストになれて本当に幸せ。ビックが金メダルを
取ったのも最高ね、彼がそれだけのことをしてきたからよ」

「ビックは故郷から遠く離れて、よくやってきたわ。
国を移動したり国籍を変えたり、誰もができることじゃない」

「ビックは金メダルに値する価値のある人よ、本当に幸せ。もう泣きそう」

と夫を立てる。何と睦まじい夫婦だろう。見習いたいものだ。

人の運なんて自分じゃ分からない。

ビックはワシントン州にあるホワイト・サーモンという小さな町で生まれた。

自分がロシア人にならなければ五輪で金メダリストになることはなかった。
地元で平凡な仕事をしながら平凡な人生を生きていた。

と現状を喜んだ。



ソチ五輪