河津桜まつり 河津桜でひと足早い春の訪れを楽しむ 



ひとあし早い春を告げる早咲きの河津桜。静岡県賀茂郡河津町の
河津川沿いに約4㎞続く桜並木は、毎年2月の上旬から開花し、
約1ヶ月をかけて満開を迎えます。今が盛りです。

花が大きくピンク色なのが特徴のこの桜、カンヒザクラとオオシマザクラ
の自然交配と考えられています。

約60年前に発見された新種桜で、原木は伊豆急河津駅から
天城山へ向かって1・2㎞の地点、河津町田中の飯田氏宅の庭
にあります。

濃いピンクと大きな花が鮮やかな河津桜は、現在町内に8000本。
2月10日から3月10日までは、河津桜まつりが開催され、イベント
や夜のライトアップなども楽しめます。

わさび関連スポット2選

まず最初はお蕎麦屋さんの紹介です。「郷土料理 美よし」
場所は河津駅から川沿いに桜を楽しんで河津町役場近くの橋を
左にわたって、まっすぐ行ったところの信号のそばにあるお店です。

左に橋を渡らないで右へ行くと河津桜の原木があります。
ここの「郷土料理 美よし」のそばには生わさびがついてきます。
これを自分で擦って、そばつゆに入れてそばを食べるんです。

もちろん全部は使い切れません。余った生わさびはビニールに入れて
持ち帰りができるんです。

こんなサービスが忘れられなくて河津に行ったら必ず立ち寄るんです。

住所:      賀茂郡河津町峰579-1
電話:      0558-32-0110
最寄り駅:  河津駅[出口]から徒歩約20分-道案内
営業時間:  11:00~売切れ次第閉店

それともう一つのわさび情報は「わさびソフトクリーム」です。
桜並木の沿道には出店がすらっと並んでいます。そのうち何軒か
わさびソフトクリームを売っているお店があります。そのほかのソフト
もありますが、やはりお勧めはわさびソフトクリームです。
これを食べながら桜を楽しむ、何とも言えない気分になります。

思ったより苦みはありません。バニラアイスにわさびが混じった味が
何とも言えない食感です。
この味は一度食すると病みつきになりますね。

わさびソフトクリームには2種類あるようです。普通のバニラアイスの
脇に擦った生わさびがそのまま乗っているもの。もう一つは最初から
バニラアイスと生わさびエキスを増せ合わせたものです。

今回のお勧めは後者です。

桜祭りは10日までなので、お早めにね!

河津周辺観光スポット

河津七滝

河津川上流の渓谷沿いに、玄武岩の変化に富んだ大小7つの
滝が(蛇滝・出会滝・初景滝・大滝・かに滝・釜滝・えび滝)
「河津七滝」。

河津では滝のことを「タル」と呼ぶため「河津ななたる」と呼ばれて
います。玄武岩の上から落ちる迫力満点の滝や、渓流の中に
ひっそりと佇む滝など色々な姿の滝を楽しむことができます。

季折々に美しい姿を見ることができる七滝巡りは、ハイキング
コースとなっています。
               

伊豆シャボテン公園

1959年に開園。天然記念物である大室山のふもとに広がる
自然公園です。ピラミッド型温室には、多種多様なサボテン。
園内各所には自由に行動している動物の姿を楽しむことが
できます。
                
大人も楽しめるアニマルボードファースは、園内中央に位置する
池にある、大小8つの島と沿岸の3ヶ所をボートで巡り、動物た
ちの観察やエサやリ体験をすることができます。

1982年にスタートした「元祖カピバラの露天風呂」は、伊豆の
冬の風物詩として大人気O今年は、開園55周年を記念して、
露天風呂がリニューアル。4月6日まで、のんびり温泉につかる
カピバラは心を癒やされてみては?

堂ヶ島洞くつめぐり 

西伊豆の海岸線に浮かぶ島々や、天然記念物に指定されている
天然の洞<つを遊覧船に乗って巡る「堂ヶ島洞<つめぐり」。

天井から美しい光が降り注ぐ「天窓洞」は、凝灰岩でできている
海触洞<つで、丸<抜け落ちた天井が天窓となっていて、
洞<つ内に光が射しこみ日本の青の洞<つとしても有名です。

千貫門、赤壁、観音島など見どころのほか、干潮時、海の中
から道が現れて、島へ歩いて渡ることが出来ることで有名な
「三四郎島」などをめぐるコースををはじめ、高速クルーザーで
堂ヶ島の海岸線を楽しむ堂ヶ島クルーズ。

見どころたっぷりな50分、千貫門クルーズ。認定ガイドが案内する
シオサイトクルーズの4つのコースがあります。