スーパーチューズデー トランプ氏が快進撃!クリントン氏は6州固め!


スポンサーリンク

スーパーチューズデー トランプ氏が快進撃!クリントン氏は6州固め! | トレンドニュース


米大統領選で序盤のヤマ場の「スーパーチューズデー」がスタートした。

12州の内「バージニア州など9州で集計が始まり、米メディアによると、
共和党はトランプ氏が5州で勝利を確定にし、民主党側はクリントン
前国務長官が6州で勝利を確定したと発表している。

この「スーパーチューズデー」の重要性は各党の代議員数の約20%
を決定するもので、指名争いを大きく左右します。

クリントン氏がこの「スーパーチューズデー」で大勝すると対抗馬の
サンダース氏が資金力が劣るため、事実上の候補者指名争いが
決着してしまうのではないかという見方もあるようです。

好調トランプ氏も本選は不利?

仮に共和党候補者にトランプ氏が選出された場合、11月の本選で
は不利であるナーンテ言う世論調査結果を米CNNテレビが発表した。
クリントン氏に投票52%、トランプ氏に投票44%と出た。

逆に共和党の指名候補がトランプ氏ではなくルビオ上院議員や
クルーズ上院議員の場合はクリントン氏がわずかに不利と出ている。

サンダース氏はいずれの場合も優位に立ったようだ。
そうすると、あくまでも世論調査結果からの予測だが、サンダース氏
が大統領になるには民主党で指名されれば可能性が大と言える。

またクリントン氏が大統領になるには共和党候補者がトランプ氏
の方が有利だという事だ。

元CIA長官がトランプ氏を批判 「米軍は彼の命令に従わない」

ヘイデン元米中央情報局(CIA)長官がトランプ氏がる大統領に
就任した場合「米軍は命令に従わないだろう」ナーンテ物騒な発言を
して話題になっている。

それにはトランプ氏の「拷問は効果的だ」というような人権を無視した
ような発言が響いているようだ。

「タッチ&ゴー」戦術で、トランプ氏ヤマ場前に攻勢

プライベートジェットを駆使して、短時間でより多くの州を回り、空港や
その周辺で集会を開いて、短い時はわずか2時間ナーンテいう滞在で、
支持の薄い南部の州を中心に支持を訴えています。
「タッチ&ゴー」戦術がかなり指名獲得に向けて効果的に働いている
のは確実のようです。

最初の決戦の結果がが刻一刻と迫っています。

スポンサーリンク