鳴門海峡 渦潮シーズン到来 春の大潮向「これから見頃」


「世界三大潮流」の一つである鳴門の渦潮は、春の大潮時に最も
大きくなる。直径20メートルにもなるようです。

そこで渦潮の世界遺産への登録を共に目指す鳴門市と
兵­庫県南あわじ市が「春の渦開き」を開催し、観光客は観潮船に
乗船し渦潮を満喫しました。

「世界3大潮流」は
イタリアの「メッシーナ海峡」 (シチリア島)と
アメリカの「セイモア海峡」(ロスアンゼルス)です。

鳴門海峡 渦潮 豆知識

■ 鳴門海峡と潮の流れ

鳴門海峡は、中央部分が一段と深く約100メートルほどあり、潮流
は速く流れます。この流れが本流です。本流の両サイドは浅瀬で
流れがとても緩やかです。
渦潮は、こ本流と緩やかな流れの付近で、緩やかな流れが本流の
速い流れに巻き込まれるため渦潮が発生します。

■ 渦潮の大きさ

最大時にはと直径20メートルにも達し、渦の発生時間は数秒から
数十秒で、渦は消えては出来、消えては出来を繰りかえすのが
特徴です。

■ 鳴門海峡の潮流が早い理由

太陽と月の引力によって生じる潮の満ち引きに関連しています。

■ 渦潮の見ごろはいつ!?

見ごろは、南北流それぞれの潮流最速時の前後1時間半までの間
が最適です。

大潮(毎月陰暦の1日~3日【新月の頃】、
16日~18日【満月の頃】)の日

■大型観潮船に乗ろう!

わんだーなるとは、臨場感のあるの渦潮に接近していき、渦潮の上
まで案内たします。大きな船で、ゆったりと渦潮が楽しめます。

定員     399名
所要時間 約30分
便数    1日12便
運賃     大人1800円 子供900円

わんだーなるとはご予約は不要です。
ご希望の乗船時間の10分前の乗り場まで起こしください。

■水中観潮船「アクアエディ」

水中観潮船「アクアエディ」は、水面下1mにある展望室から海中の
うずの様子が間近で見られるという優れものです。

水の中から見る渦潮は、また一段とスリルがあり、感動するかも!?

定員      46名
所要時間 約25分
便数     1日15便

アクアエディはご予約が必要です。
ご希望の乗船時間の10分前の乗り場までお越しください。

■アクセス

路線バス
徳島駅[時刻表]、鳴門駅[時刻表]より「鳴門公園行」
乗車鳴門観光港下車
※徳島駅より1時間10分、鳴門駅より20分となります。

高速バス
徳島行きの高速バスでお越しになるお客様は、「高速鳴門」で
下車後、「小鳴門橋」バス停で、鳴門公園行に乗り換えです。

※小鳴門橋より15分。高速鳴門で降りますと下に観光案内所が
 ありますので小鳴門橋バス停の場所をお尋ねください。

※徳島行き高速バスのご案内→ [徳島バスグループ][JRグループ]   [岸和田観光バス]