バイオリニスト

いよいよ冬の五輪最後のメインイベント
女子フィギャーの個人戦が今日からSPが開催されます。
日本では念願の金メダルの期待も高まっていますが、どうなるでしょうか。

今回は異色のアスリートを紹介します。

女子大回転で、もっとも遅いタイムでフィニッシュしたタイ代表の
ヴァネッサ・メイ(Vanessa Mae)
タイ史上初の女子スキー選手となった。

ヴァネッサ・ワナコーン(Vanessa Vanakorn)という名でタイの代表に。
これは父親の姓を名乗った。

2回のすべりは遅いながらも2回ともゴールを果たした。

彼女のコメントを見てみよう。
最下位になることは想定していた。それでもやっぱり五輪は素晴らしい機会。
途中、3回ほどクラッシュしそうになったけど、ちゃんとゴールできた。
それが重要だったし、ここにいるだけでも本当に最高。コースアウトするのが
心配だったけど、どうにかやり遂げることができた」
「いつも直前になってからやるタイプなの。五輪のトレーニングを6か月前
からやるのもそうだし。ここに来た主な目的は、素晴らしい経験をして、
短期間で自分のスキー技術を向上させるため」


バイオリニスト1

ほとんどの選手が勝負をしてメダルを狙うのが目的なのに
短期間で自分のスキー技術を向上させるためナーって言うコメントは
本来のオリンピックの精神に最も近いんではないでしょうか。

彼女は英国人だがソチ五輪に出場するため父親の祖国のタイ代表として
このオリンピックに参加した。

彼女のもうひとつのキャリア、ヴァイオリニストに影響しかねない
怪我についての質問には

人生、いつかはリスクを取らないといけない時が来るのよ。やろうと思えば
体のすべて、目玉にまで保険をかけられるけど、そんな人生楽しく無いでしょ」
と平然と答えた。

英国では知らない人がいないくらいの有名人だ。
アルバムの売り上げは全世界で1000万枚をオーバーしている。



トレンドニュース