スポンサーリンク

小惑星「王貞治」と命名 王さんも快諾 「Ohsadaharu」


2000年に発見された小惑星が正式に「Ohsadaharu」と命名
された。昨年9月に国際天文学連合に申請していて、このたび許可
が下りた。

この小惑星は直径3キロで、火星と木星の間に存在していて太陽
の周りを3年8カ月かけて回っている。

発見後には「61189」という惑星番号がついていた。

このように小惑星の発見はアマチュア天文家が活躍している。
日本でもユニークな名がついた小惑星がある。

小惑星に町の名前

この星は火星と木星の間にある小惑星で「Hatoyamamachi」と
命名された。埼玉県の鳩山町である。

この町にはJAXA地球観測センターや気象衛星通信所があり、
「宇宙に近い町」を合言葉に町をPRしている。

アマチュア天文家で有名な渡辺和郎さんや、元宇宙飛行士の
山崎直子さんが講演を開催したこともある。

小惑星はまなす、永遠に輝け

渡辺和郎さんが発見した小惑星が、「はまなす」と命名された。
この名の由来は来月廃止されるJRの夜行急行「はまなす」
(札幌―青森)だ。夜空に永遠に残そうという狙いだ。

この惑星の大きさは直径8kmで、これまた火星と木星の間にあり、
太陽の周りを約4年かけて回っている。

この渡辺さんは世界的にも有名なアマチュア天文家で、これまでに
約800個の小惑星を発見したというから驚きだ。
ここで小惑星ハンターという異名を持つ渡辺和郎さんを紹介しよう。




渡辺和郎 プロフィール

1955年5月1日北海道釧路市生まれのアマチュア天文家。
日本天文学会・東亜天文学会会員。「北海道彗星・小惑星会議」
代表。現在、執筆活動や後進の指導に当たっている。

渡辺和郎さんが発見した小惑星のうちユニークなものをあげてみた。

渡辺 
 自身の名がついている。

たこ焼き
 ユーモアがあって面白い。形がたこ焼きに似ているのかもね。

間宮
 江戸時代の探検家間宮林蔵から。

知床
 このように北海道の地名が多く使われている。
 オホーツク、摩周、摩周、美幌、小樽など。

衛(Mamoru)
 宇宙飛行士・毛利衛にから。

いかがですか。天文学ってロマンティックな夢のある学問ですね。
遠い夜空を仰いだとき、あなたは何を想うのでしょうか。

スポンサーリンク