中国 ミサイル配備 「主権の範囲内」と主張


スポンサーリンク

中国 ミサイル配備 「主権の範囲内」と主張 | トレンドニュース



アメリカのメディアが中国が南シナ海の島に地対空ミサイルを配備した
と発表した。衛星写真も公開した。

「主権の範囲内のことだ」として明確な見解を出さない中国に対して
各国が懸念の表明をしている。

日本の中谷防衛相は「現状を変更し緊張を高める一方的な行動」
と懸念し、「透明性のある説明を期待したい」と述べた。

台湾は

「緊張を高める一方的な措置は控えるべきだ」

と中国側を
けん制した。

アメリカは海軍の艦船が、南シナ海の西沙諸島から12カイリ内を
航行して中国をけん制した。

中国は数日前に、韓国がTHAADミサイルを配備することに強く反発
していた。自分のことは棚に上げて、よく言えたものだ。

THAADミサイル導入はアメリカがたびたび要求していましたが、中国が
反対しているという根拠で韓国は今まで拒否していましたが韓国は
「日本包囲網」で中国と共同し、お互いに同盟国とまで言い、
日米同盟に対抗する構えていたが、それがいったいアメリカと接近した
のか興味あるところだ。

まあ結論から言えば、これから先、まだまだ経済的に不安定な中国より
アメリカを選んだのだろう。正しい選択かも知れない。

経済的だけでなく世上的にも不安定だ。
香港では5人の本屋の主が行方不明になり、中国政府につかまったと
いう噂が持ち上がっている。

いわば自由の国ではないのだ。中国共産党の独占国家なのだ。
悪く言えばあの北朝鮮と制度的には変わらない。

中国の王毅外相が17日、「西側メディアによるニュースの捏造
(ねつぞう)はやめてもらいたい」と述べ、ミサイル配備を否定した。

このように平気で嘘をつけるのも中国ならではだ。
日本が受注に負けて中国が受注したインドネシア高速鉄道でも
我が国は事故を一度も起こしたことはないナーンテ平気で言って
いるが思い出された。

スポンサーリンク