スポンサーリンク

北朝鮮 ロケット打ち上げ映像配信 狙いは!?


北朝鮮が先日、打ち上げたロケット映像を国営メディアである
朝鮮中央通信が配信し、話題を呼んでいる。

一体、この映像配信の目的はどこにあるのか憶測が広まっている。
それは発射直後に発表しないで、なんで4日遅れて公開したのかと
言うところに注目が集まっている。

大方の見方としては「発射の効果を最大限にアピールする」と言った
事をあげている。
北朝鮮が韓国と他の国際社会の反応をじっくりとみたうえで、
映像編集を変えるといった柔軟な方法を取り入れたとされている。
なかなかの策士だ。

各国の制裁

韓国

北朝鮮、韓国が共同運営する開城工業団地での、韓国企業の
撤収作業。これは当然、北朝鮮の外貨収入源を断ち切る狙い。
ここでいた600億円の収入の一部がミサイル打ち上げや核の開発
に使われていたようだ。

日本

日本は人的往来の規制を中心に北朝鮮を仕向地とする支払手段
を10万円に引き下げ、北朝鮮船舶の入港を禁止などが中心と
なっている。

アメリカ

制裁を強化する法案の可決。資産の凍結や取引禁止。

このようにますます孤立化する北朝鮮だが、何と言っても我が国が
懸念する大きな課題、拉致問題はどこへ行ってしまったんだろうか。

心がいたむ一番の問題点だ。拉致被害者家族の高齢化も進んで、
早く生きているうちに対面させてあげたいと思う。

国際社会と板挟みになった拉致問題、少しでも前進することを心から
望む次第である。

スポンサーリンク