スポンサーリンク

「爆買い」焦る中国! 国外のカード利用や外貨両替規制厳格化


昨日のテレビで中国人の「爆買い」のニュースが流れていた。
銀座では多くの観光バスが路上に停車して、中国人観光客が忙し
そうに出入りしている姿があった。

爆買い

レポーターがどんなものを買ったのかか質問して見せてもらうと、自分
が使用する日常品が多かった。

去年までは高価な家電製品やブランド品と言ったものが多く買われて
いたが今年になっては、目薬、化粧品、ポットと言った日常、自分
自身で使用する必需品が多いようだ。

これは中国が海外への個人マネー流出を抑制しようとしている対策に
関係があるのだろうか。

カード決済額が世界最大の「銀聯カード」の海外での現金引き出し
額が1月から年間10万元(約180万円)になった。

ちょうど昨日から春節を迎えた中国。日本はこれぞとばかりに中国人
を歓迎する。

それと今年の傾向としては、中国人のリピーターが多いという。
その中国人は爆買い目当てではなく、富士山に登りたい」
「温泉に入りたい」と言いた観光やサービスに目を向けている。

北海道での気球の体験、流氷の上での散歩ナーンテ言う各地の
サービスが人気を呼んでいる。

私が住む横浜でも日帰り温泉のが人気がある。
その中でもみなとみらいにある万葉の湯
土、日曜日は湯船の中も国際色豊かである。

昨年10~12月に売れたトップ商品は何だと思いますか。

コーセーの主力ブランドである「雪肌精(せっきせい)」なんです。
濃い青のパッケージが中国含むアジア各国で美白に効果があると
評判になっていて個人用だけでなく友達、親戚などの土産用として
大人気になっています。

コーセーの業績好調の原因がこんなところにあるのかもね。

そして2位は魔法瓶(マグボトル)で3位は「贅沢ジュレのシートマスク」が入り、
そのあとはダイエット・健康関連が人気を呼んでいる。

魔法瓶(マグボトル)温水洗浄便座、炊飯器、セラミック包丁は
「四宝」と呼ばれは日本土産の鉄板のようだ。

いつまで続くのかこの「爆買い」。しばらくずっと続いて欲しいですね!

スポンサーリンク