高梨沙羅 ワールドカップ8連勝 ライバル選手はいるの?



高梨沙羅がまたまた勝ちました。今季9勝目、通算39勝目!

ノルウェーのオスロで行われたルディックスキーのワールドカップジャンプ
女子で金メダル。1回目のジャンプで最長不倒の137・5メートル、
2回目も136メートルを飛び、危なげのない堂々の1位。



改めてこの写真を見直したんですが、真中にいる優勝した高梨沙羅
の身長は2位、3位の選手の肩ぐらいしかないんですね。驚き!
顔だちも童顔なんで、まるで大人と子供のようですね。

従来は身長が大きいほど有利とされていたスキージャンプ競技ですが
この常識を高梨沙羅が打ち砕いたんです。

最近では、高梨が負けた方が話題になるほど勝ち続けているのが
当たり前になってきている。大相撲でいえば全盛期の白鵬のようだ。
勝つのが当たりまえになっている。

通常ではワールドカップで1回でも優勝すれば話題になるのが当たり
前だが通算39勝もしたんでは、またかと、かえってあきれるほど。
つまり凄すぎてあきれるのですね。

これだけ勝つと、ライバルの外国人選手たちから
「沙羅はアンドロイド?」ナーンテいう言葉が出るのもうなずけるような
気がします。

この大会の他の日本選手の結果は

・伊藤有希(土屋ホーム) 7位
・勢藤優花(北海道メディカルスポーツ専門学校)12位
・岩渕香里(松本大)15位

これからの試合日程は2月6・7日のオーストリアのヒンツェンバッハ、
2月13・14日がスロバキアのリュブノ、2月19日フィンランドのラハティ、
2月27・28日がカザフスタンのアルマトイと連戦が続きます。

高梨沙羅のライバル選手は

ダニエラ・イラシュッコ=シュトルツ(オーストリア)2014-15総合優勝
カリーナ・ファクト(ドイツ)ソチオリンピック金メダリスト
サラ・ヘンドリクソン(アメリカ)トータル14勝を挙げている。
 まだ21歳と若く、今後、沙羅vsサラ対決が見どころですね。
コリン・マテル(フランス)ワールドカップ2勝、ソチ銀メダリスト

今月中に10連勝の情報が飛び込んでくるかもしれないですね。

最後に高梨沙羅のクラレの動画です。
CMの動画の出演料はいくらか気になりませんか?

CM1本1クール(3か月)の出演料は3000-5000万円だそうです。
凄いですよね。さすが世界の高梨沙羅というところでしょうか。