羽生結弦 映画デビュー!役は仙台藩主


スポンサーリンク

羽生結弦 映画デビュー!役は仙台藩主 | トレンドニュース


羽生結弦の映画出演でネット上で話題になっている。
その出演作品は松竹で5月14日公開の「殿、利息でござる!」

羽生結弦の役柄は、仙台藩の第7代藩主・伊達重村。



その凛々しい姿にはうっとりしますね。まさに清廉潔白という感じ。
チョット表現が古いかな!?

そんな話題の「殿、利息でござる!」を深堀りしてみよう。

スタッフ&キャスト

監督 中村義洋
脚本 中村義洋
原作 磯田道史「穀田屋十三郎」(『無私の日本人』所収)
音楽 安川午朗
配給 松竹
公開 2016年5月14日

キャスト

穀田屋 十三郎 –   阿部サダヲ
菅原屋 篤平治 -   瑛太
浅野屋 甚内 –     妻夫木聡
とき –          竹内結子
萱場 杢 –        松田龍平
幾右衛門 –      寺脇康文
仲内 –         千葉雄大
穀田屋 十兵衛 –   きたろう
新四郎 –        橋本一郎
善八 –         中本賢
寿内 –         西村雅彦
十三郎の母 –     草笛光子
十三郎の父 –     山崎努
穀田屋 音右衛門 – 重岡大毅
なつ –          山本舞香
伊達重村 –      羽生結弦

ストーリー

羽生結弦扮する仙台藩主伊達家7代となった時代は宝暦・天明の
飢饉(ききん)・幕府から普請課役を受けて借金の増大にくるしむ。
やむなく庶民に重税が。

そんな中、夜逃げが相次ぐ宿場町の吉岡宿の住人、穀田屋十三郎
が頭の回転が鋭い篤平治から起死回生の名案を聞き宿場町を救済
しようという計画を聞きだす。

その大胆不敵な計画とは藩に大金を貸し付けて利息を巻き上げる
というものだ。

なんとこの話は作り話ではなく史実にのっとっているから驚き!
穀田屋十三郎も菅原屋篤平治も実在の人物だ。

そんな主人公、穀田屋十三郎役の阿部サダヲも人気上昇中だ。

スポンサーリンク