ユニクロの失速の原因は相次ぐ値上げで「客離れ」!?


スポンサーリンク

ユニクロの失速の原因は相次ぐ値上げで「客離れ」!? | トレンドニュース


ユニクロは一時、飛ぶ鳥を落とす勢いだったのに2016年8月期決算の
第1四半期(15年9~11月期)の業績が16.9%ダウンで、4年ぶりの
減益という結果になった。この理由を探ってみよう!

ユニクロマイナスへの推移

・ユニクロの既存店売上高
 2015年9月  前年比2.6%増
     10月      5.5%増
     11月      8.9%減
     12月      11.9%減

・客数の推移
 2015年9月       4.2%減
     10月       3.6%減 
     11月      12.9%減
     12月      14.6%減

・客単価
 2015年9月       7.1%増    
     10月       9.4%増   
     11月       4.6%増
     12月       3.1%増

ここまでに結果から売上高、客数が減り、客単価は上がったが
思うほどでなく11月12月と減っている。

ユニクロ側は売上高の減収について、
「想定を超える、世界的な暖冬」が原因とコメントしているが、
果たしてこれがすべての原因だろうか。

ユニクロマイナスへ要因

・15年秋冬は平均で10%程度値上げ

これが一番の原因ではないか。消費者の心は何か、最近の
ユニクロはつかんでいないようだ。
上記の比較表からも、客単価は増えているものの、客数が減って
いる。この客数の減少の原因が値上げが原因だと考えるべきだ。

ユニクロが日本国民に受けている理由は「安くていい商品」なのだ。
安い商品はいくらでもある、だけど安くていい商品は少ない。だから
ユニクロが伸びたのだ。

その大前提の「安くて」が「高くて」になってしまたら客離れが起こる
のは当たり前。「安くてクオリティの高い商品」を徹底して貫くのが
客離れを抑える一番の方法だ。

諺にもあるように「初心忘れべからず」だ。

最後に柳井正会長が母校、早稲田大学で行った講演会で
いい言葉があったので紹介しよう。

「経営者は満足したらそこでおしまいだ。世界中には自分より良い
方法でやっている経営者がたくさんいると思うべき。
今は世の中がどんどん変わっており、最大の変革期にある。
中でもグローバル化とデジタル化の波が大きい」

そのまま今後のユニクロの経営に取り入れてほしいものだ。

スポンサーリンク