スポンサーリンク

恵方巻き 今年の恵方は南南東です!


今は節分の日に恵方巻きを食べる習慣が定着してきています。
各スーパーやコンビニでも販売し、また予約を受けています。

それに大手のパン屋VIE DE FRANCEなどでも独自のパンをメイン
とした恵方巻きを作って販売しています。
今年もまた新たな恵方巻きが出現するのを楽しみにしています。
ちなみに今年の恵方は「南南東」です。

またこの日の節分には、全国各地の有名神社、寺院では有名な
芸能人、アスリートなどが豆まきを行います。

我々日本人は恵方巻きと違って子供のころより慣れ親しんでいる
行事ですが意外とその由来と歴史には疎いものです。

どうして二月三日(年によっては四日)の節分には、多くの家々で
豆まきをするんでしょうか?


また神社やお寺でも、その年の干支生まれの年男たちが、集まった
人々を前にして豆まきをしたりします。

もともと節分とは、立春、立夏、立秋、立冬など、季節の改まる
前日のことを呼びましたが、しだいに立春の前日だけを節分と指す
ようになりました。この節分を境にして、暦の上では翌日から春に
なります。

古代中国では大晦日に、邪鬼や疫病などを打ち払うため、鬼の面を
かぶった人を、桃の木で作った弓矢で射って追い払う、「追儺」
という行事がありました。

これが奈良時代、日本に伝わり、平安時代には宮中で大晦日の行事
として、さかんに行われるようになりました。
このころには、ヒイラギの枝にイワシの頭を刺して家の門にかかげる、
節分特有の飾りも広まっていったようです。

ヒイラギは毒草でトゲがあり、またイワシは生臭物であったため、
魔除けの効果があると信じられたのです。
             
豆まきの行事が定着したのは室町時代中期以降のことで江戸時代に
なると丶現在のような豆まきの行事}般庶民の間にも広まりました。

本来は大晦日の行事でしたが、旧暦では新年が春から始まるため、
立春前日の節分の行事に変わっていったということです。

ちなみに、「福は内、鬼は外」と大声で豆をまくのは、季節の
変わり目は、鬼などの妖怪や悪霊が集まり、疫病や災いをもたらす
と考えられていたためのようです。

豆をまくことによって自分の家から鬼を打ち払おうとしたのです。
煎った豆は福豆と呼ばれ、その豆をまき、自分の年齢の数だけ
(あるいは年齢の数プラス1個という地域もある)食べることで、
邪気を追い払い、病に勝つ力がっぐと考えられました。

また、「豆を打いつ卜ではなく「豆をまく」というのは、農作業で
畑に豆をまくしぐさを表しており、農民たちの豊作を願う気持ちが
込められているともいいます。

もしかしたらこんな常識?は一度は小学校などで学んだのかも
知れませんが大人になったらすっかり忘れ去ってしまったようです。

忘却とは忘れ去る事なりナーンテいう誰かの有名な言葉が出てきました。

スポンサーリンク