バレンタインデー 由来を調べる



クリスマス、お正月の商戦も過ぎて今度の最大の商戦はバレンタインデー
ですね。各メーカー、楽天をはじめとするITマーケットもこれに合わせて
もう商戦を開始しています。

そんなバレンタインデーの由来についてまとめました。
日本でもバレンタインデー(英: Valentine’s Day)、聖バレンタインデー
として最近では定着していますね、

まずはバレンタインってどんな人物だったのか?画像検索すると



この画像が出てきます。WIKIでもこの画像を使用しています。
正式にはウァレンティヌス(Valentinus, ? – 269年2月14日?)かも?
3世紀頃のキリスト教の聖職者のようです。
彼が亡くなった2月14日が取り上げられたようです。

カトリック教会の公会議であった第2バチカン公会議(1962年~1965年)
で史実上の実在が明らかでない聖人たちとして扱われ現在カトリックの
聖人暦からはずされたようです。

1969年までは2月14日をが聖ウァレンティヌスの殉教の日として定め
られていたようです。

仮説によれば、269年2月14日にキリスト教の信仰を捨てなかったために
絞首刑に処せられたという。

その彼が絞首刑視された理由として、戦で戦う戦士の士気の低下から
結婚を禁じたローマ皇帝の意に逆らって結婚式を執り行ったために
捕えられて絞首刑になったというエピソードがある。

その他にも結婚した二人に自分の庭の花を贈ったとか、目の見えぬ
看守の娘が彼の説法を聞いて目が見るようになったナーンンテ言う
エピソードもある。
いずれにしても恋人達の守護聖人として信仰されてきたようだ。

バレンタインデーにチョコレートを贈るという習慣は典型的な日本スタイル
のようだ。まだ歴史が浅いというのにさまざまな説が行きかっている。
大きく分けると4つの説があげられるようだ。

・神戸モロゾフ製菓(現在のモロゾフ)説
・メリーチョコレートカムパニー & 伊勢丹説
・森永製菓説、伊勢丹説
・ソニープラザ説

まだ日本では歴史が浅い行事なのに、こんなにもいろんな説があるのには
驚きだ。
この由来と関係はないが毎年メリーチョコレートではバレンタインデーの
川柳を公募している。100名に選ばれると5000円分ぐらいのチョコレートの
詰め合わせをもらえる。

私も過去の応募して何度かチョコレートの詰め合わせをもらった経験がある。

「自慢げに義理チョコ一つ妻に見せ」ナーンテいう句だったのを覚えている。

また2年前に公開されたロマンティックラブストーリ映画「バレンタインデー」も
まだ記憶にあたらしい。