スポンサーリンク

HERO 久利生は外交特権の壁を破れるか

東京地検城西支部が鉄壁のチームワークを披露

木村拓哉扮するスーツを着ない型破りな検事、久利生公
平の活躍を描く人気シリーズ、8年ぶりとなる映画第2弾。
第1弾が映画らしいスケール感を重視していたのに対し、
この第2弾は原点回帰。TVシリーズの持ち味である、シ
リアスなテーマをユーモアにくるんで見せるタッチが前面
に押し出されている。

ネウストリア公国大使館の裏通りでコンパニオンの女性
が交通事故死した。だが不自然さを感じた久利生は、大使
館にも普段どおり正面突破を試みるが、「治外法権」という
国際社会のルールに阻まれる。この高すぎる壁を久利生はど
う乗り越えるのか?

TV版シーズン2の城西支部メンバーに、久利生の元相
棒である雨宮舞子(松)が検事として加わり、強力チームが
実現。久利生を筆頭に全員で地道に、しぶとく正義を追う
というシリーズの醍醐味が存分に味わえる。シリアスさと
ユーモアのバランスも絶妙な、一級エンターテインメントだ。

元事務官、雨宮舞子が復活!
久利生との関係はどうなった!?

TV版シーズン2に登場しなかった人気ギャラ、雨宮舞子が
再登場。現在は長年の夢をかなえて検事になり、大阪地検
難波支部で活躍していた。多大な影響を受けた久利生と
再会した雨宮の心中と、久利生が彼女に抱く本心とは?

難敵=外交特権に立ち向かうのは
城西支部ならではのチームワーク

シリーズの原点ぱ全員野球”。今回は城西支部の面々
それぞれにじっくり焦点が当てられる。とりわけ、馬場
検事(吉田羊)&井戸事務官(正名僕蔵)コンビが恋
人を装い尾行に臨む姿や、川尻部長検事(松重豊)が
クライマックスで熱血演説をするシーンは見ものだ。

スポンサーリンク