スポンサーリンク

樋口新葉 全日本2位の快挙 その素顔


14歳の中学生、樋口新葉が「フィギュアスケート・全日本選手権」で
前日のショートプログラム3位から1位あげて2位に食い込む健闘。

去年シニアデビューを飾った中学生がまたもみているファンを驚かす
演技を披露した。
感心したのが最後までスピードが衰えなかった事だ。伸び盛りの演技は
見ていてもはつらつしていて気持ちがよかった。

ジャンプもほとんど完成した演技だった。残念なことは年齢制限で
世界選手権に出られないことだ。

あのトリノ五輪金メダリスト・荒川静香さんも彼女の演技をほめたたえた。
新葉と書いてわかばと呼ぶ、新鮮な名前だ。「新世紀の始まり」に
生まれたことに由来しているようだ。

スケート歴は3歳というから英才教育だ。最近の世界的に活躍している
アスリートは皆、2-4歳ぐらいからその種目を始めている。

2018年韓国の平昌五輪出場を視野に入れて、トリプルアクセルと
4回転トウループの習得で金メダルを狙える逸材だ。

JGP 2015 Ladies Free Program 動画

それと彼女は超負けず嫌いで有名だ。それが躍進の原動力になって
いるのかもしれない。
縄跳びの三重跳びができ、50メートルも7秒1で走れるのが躍動力
演技につながっているのかも。

来年は国内で優勝する可能性さえも見えてきたようだ。
そんなプレッシャーに負けず、どこまでも伸びてほしい。またそれが期待
できる逸材だと確信する次第である。

頑張れ、樋口新葉!!

スポンサーリンク