スポンサーリンク

仲間と行く箱根の紅葉を楽しむ旅行


先週、男4人で箱根に出かけた。11月20日午後2時、気象庁が箱根山
(大涌谷周辺)の噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)に
引き下げました。

箱根湯元あたりは、人手が多いが、山の上の方はまだまだ以前の活気に
戻っていないようだ。

我々が泊まったのは仙石原の小さなホテル「BMC箱根」
こじんまりとしたきれいなペンションでした。
通常なら、平日でもほぼ満タンのようでしたが、大涌谷の噴火で当日は
我々4人だけで、部屋も2部屋だけでした。いつもなら露天風呂は時間制
のようですが、この日は我々だけでしたので自由に入れました。
経営は旦那さんと奥さんの二人。ちょうど今年で17年位なるそうです。

夜は夫婦手作りのフランス料理がおいしかった。甘党の私はアイスコーヒーと
一緒に食べた手作りのチーズケーキが印象的でした。

翌日はすぐそばのすすき野の丘の登りました。太陽に透けて輝くすすきは
秋を感じさせてくれました。

それと、次にガラスの森美術館に立ち寄った。ここの大涌谷に面した
側の紅葉は見事だ。階段で下まで降りると、下方に渓流が流れていて
それを覆うように緑、黄色、橙、赤と、そのグラデーションは見事だ。
それと当日はモンゴルの世界的アーティストの馬頭琴というモンゴルの弦の
本数が2本という珍しい擦弦楽器の演奏が行われていた。
初めて聞くその音は、すがすがしい感じがした。

早く箱根に、以前のような活気が戻るのを期待したい!

スポンサーリンク