スポンサーリンク

パリ銃撃事件を「イスラム国」と断定!日本は大丈夫か!?


フランスのオランド大統領がパリ銃撃事件を「イスラム国」による犯行だと
いう見解を示しました。

この襲撃事件で120名以上の死傷者を出した、フランスは9月27日
に「イスラム国」の拠点を空爆したと発表していた。これに対する報復と
言えるだろう。

イスラム国は

「爆発物のベルトを身に着け、アサルトライフルを持った8人の兄弟たちが」、
「十字軍フランスに聖なる攻撃」を実行したと述べた。

10月8日にロシアが「イスラム国」に海軍巡航ミサイルで攻撃をした。
ロシア旅客機がエジプトのシナイ半島で墜落したのもイスラム過激派に
よる爆弾テロとする意見も強い。

他人ごとではないと思う。わが日本も「イスラム国」対策ができているのか。
事件が起きてから「想定外」では済まされない。

スポンサーリンク