スポンサーリンク

介護離職 仕事と介護の両立①として楽しみながら指先を動かすとより脳への刺激が増え活性化されます。

介護が始まってから。1年以内に転職や離職をしている人が5割以上


一般的に、介護は専業主婦などの働いていない大が担い手となっている
というイメージが強いようですが、総務省の就業構造基本調査によると、
家族の介護や看護を理由に会社を辞めたり、転職した大は年間10万人。
働きながら介護をしている大は約240万人。実は、介護をしている人の
多くは働いているのです。

(株)明治安田生活福祉研究所と(公財)ダイヤ高齢社会研究財団
(以下ダイヤ財団)が、親を介護した経験のある全国の正社員2268名
を対象とした調査を実施したところ、転職者、介護専念者ともに、5割
強の大が、親が介護状態になってから1年以内に離職しています。
介護状態になったら「すぐに」離職した大は12・9%もいました。

何かきっかけで介護離職を決断したかの問いに対しては、
「自分以外に親を介護する大がいない」と答えた大が最も多く、
「そこには、核家族化や共働き化さらには未婚化により、介護の担い手
が減少し、介護をするのは自分しかいないという状況があるのです。

調査の結束(図参照)を見ると、「自分で親の介護をしたかった」という、
回答がある一方、「仕事と介護の両立ができなくなった」という回答や、
「職場で仕事と介護の両立に理解が得られなかった」など、家族を介護
する社員へのハラスメント(ケアハラスメント)もあります。

介護離職から再就職できた人は25%転職後の平均年収はダウン


正社員だった大が介護のために転職した後、正社員として就職できた人
は、男性は3人に1人、女性は5人に1人です。転職前と転職後の年収を
比較すると、
男性は転職前の平均が556・6万円なのに対し、転職後は341.9万円
と約4割減っています。女性にいたっては、転職前の平均350・2万円が、
転職後はI75・2万円と半減しています
(明治安田生活福祉研究所とダイヤ財団共同調査より)。

また、介護離職で再就職できた大は25%という調査結果もあるなど、
介護で離職せざるを得なかった人の多くが厳しい現実に直面しているのが
わかります。

スポンサーリンク