スポンサーリンク

ジェニファー・アニストン エミレーツ航空CMで物議
「米女優出演のエミレーツ航空CMで物議」ナーンテいうタイトルに記事が
Yahoo!にあったんで見てみるとJ・アニストンが出演するドバイの航空会社の
CMでなんと2000万ドルの予算。

それで出演しているJ・アニストンの契約金は500万ドル。日本円にすると
約5億円。それにしてもすごいの一言だ。
大リーグのイチローの年俸の4年分を1本のCMで稼ぐんだから驚きだ!

チョット横道にそれてしまったが、それでは何が物議を醸しだしているんだろうか。
それには動画を見るのが一番だ。

どうですか。わかりましたか?日本人の感覚じゃちょっと分かりずらいですね。
J・アニストンが夢で「「シャワーはどこにあるの?」「バーはないの?」ナーンテ
乗務員に質問するが、「ここにはありませんよ」と笑われ目が覚めると、
エミレーツ航空のファーストクラスに。そして豪華ににバーでカクテルを飲みながら、
「バーもシャワーもないなんて悪夢のようだったわ」と話をする内容。

別に大した問題はないように我々日本人は感じるが、これがアメリカの航空
会社をバカにしていると米メディアは報じている。あなたはどう思いますか?

エミレーツ航空と並び知られているアブダビの国営航空会社エティハド航空も
今年3月に、女優ニコール・キッドマンを採用して世界で唯一3室のスイートを
持つ同機のCMを出して話題になった。

ハリウッドのセレブ女優を使っての金に糸目をつけない中東の航空会社のCM
はまだまだアメリカの航空会社をあおり続けるのでしょうか。

スポンサーリンク