国中の広場が賑わうシーズン本場のクリスマス市をめぐる

日本でクリスマスがいくら一般的になっても、本場ヨーロッパのクリスマスの雰囲気
はなかなか味わえない。その最たるものが、とくにドイツで盛んな
クリスマスマーケットの賑わいだ。11月末の週末から始まるクリスマスシーズン、
ドイツ各地で2500以上のクリスマスマーケットが立ち、華やかなライトアップが
施される。

広場にぎっしりと並ぶ屋台には、飾り付け(オーナメント)からかわいらしい人形や
雑貨、生活用品までたくさんの品が。たとえば、内部が香炉になっていて口から
煙を吐く名物のパイプ人形は、サンタクロースや雪だるま、衛兵などいろいろな
種類があり、見て回るだけでも楽しい。ドイツのクリスマスならではの味も満喫
しよう。お土産にも好適な焼き菓子が、シュトレン。ドライフルーツやナッツ
たっぷりの食感を、ぜひ本場で味わいたい。

寒い夜にぴったりなのが、ワインを温めたグリューワイン。オレンジピールやシナモン
などを加え、マグカップに入れて提供される。マグカップのデザインは場所や年に
よって異なるので、お気に入りを探すのも楽しい。

その華やかさから、世界で最も有名といわれるニュルンベルクのクリスマスマーケットでは、
名物のニュルンペルガーソーセージやジープグーベン(蜂蜜・香辛料が入ったクッキー)
がおすすめだ。


世界遺産の町のクリスマス・名城ノイシユバンシユタイン城も

バイエルン州最大の都市ミュンヘンのマーケットも、マリエン広場に登場する
巨大クリスマスツリーや、ドイツ最大のクリッペ(キリスト生誕場面を模した工芸品)の市
など見ごたえがある。

ミュンヘンからは南ドイツ観光のハイライト、ノイシュバンシュタイン城や世界遺産
ヴィース教会にも足を延ばしたい。クリスマスを迎えた世界遺産の町の散策も楽しい
ドナウ河畔のレーゲンスブルクは、神聖ローマ帝国の帝国議会も開かれた古都。

ドイツゴシック建築の大聖堂や赤レンガの家並みを保つ旧市街は20-06年に
世界遺産に登録された。ここでも数力所で賑やかなクリスマスマーケットが催される。 

このほか、木組みの家並みで知られるローテンブルク、旧市街をライトアップが包む
ハイデルブルクでは、・ロマンチックな雰囲気のクリスマスを楽しめる。

もともとは人々が町の広場で日用品やクリスマスを祝うのに必要なものを交換する
ことから始まったとされるクリスマスマーケット。今も各地で見られる手作りの飾り付けや
工芸品は地方色豊かだ。

華やかな雰囲気とともに、そうした魅力もぜひ昧わってみてほしい。


from:旅の友