錦織圭 楽天オープン参戦! WOWOWで10月5日-11日連日生中継


スポンサーリンク

錦織圭 楽天オープン参戦! WOWOWで10月5日-11日連日生中継 | トレンドニュース
限界を乗り越えて掴んだ栄光!格別の優勝への挑戦が今年も始まる

「頭がどこかにいってしまっていた」錦織は昨年の優勝スピーチで試合終盤の自身を
こう語っている。昨年、全米オープンでアジア勢男子初の決勝進出から、続くマレーシア
大会での優勝。その優勝後すぐ、深夜便で東京に帰ってきての楽天ジャパンオープン。

トップ選手としては小柄な錦織の身体は悲鳴をあげていた。錦織が戦っていたのは
自分自身。グランドスラム決勝進出は、7試合を戦い続けることを意味する。回復期間が
ない中でツアー2週連続優勝を成し遂げるわけだが、楽天での戦いはまさに文字通りの
死闘であった。優勝が決まった瞬間、錦織は表情ひとつ変えずネットヘと向かった。

昨年の全米決勝進出を決めたときに見せた、笑顔で両手を高々と突き上げるポーズとは
打って変わって、同世代のライバルであるラオニッチと淡々と握手を交わした。その後だった。
コート中央で大の字になり、両手で顔を覆った。立ち上がると涙を流しながら
マイケル・チャンらのいる席へ向かい、喜びを分かち合う。その姿に、長年錦織を応援して
きたファンは驚かされたのではないだろうか。

体力の限界と母国開催のプレッシャー、そのすべてに打ち勝って流した涙に日本中が
感極まった。「一日だけこの喜びをかみしめたい」。錦織の言葉からも分かるように、
テニス選手の生活は過酷で孤独だ。世界中を飛び回り、試合となれば数時間、たった
ひとりですべてを行なう。錦織もこの勝利の翌日には上海マスターズ出場の為、日本を
あとにしている。

だからこそ錦織は、母国のファンの声が直に届く日本での優勝を。格別というのだろう。
あの感動の優勝から1年、錦織は約束通り帰ってくる。いまや世界を代表するプレーヤー
ヘと成長した彼が、昨年の全豪オープンと今年の全仏オープンを制したスタン・ワウリンカ
らトッププレーヤーとどのような試合をしてくれるのか。日本人が日本で優勝候補として戦う。
我々もそんな”格別”の瞬間を、今年も楽しみたい。

楽天オープン参加主要選手

マリン・チリッチ(世界ランキング9位)

昨年の全米覇者が参戦。198cmの長身から放つ強烈なサーブが再び錦織の
前に立ちはだかる。

スタン・ワウリンカ(世界ランキング5位)

今年の全仏ではフェデラー、ジョコビッチを破っての優勝。片手バックハンドの威力
は圧巻。

ブライアン兄弟

兄マイク&弟ボブが組むダブルス最強の双子。史上最多のグランドスラム
優勝16回を誇る。

グリゴール・ディミトロフ
(世界ランキング17位)

昨年は全豪でベスト8、ウィンフリレドンでベスト4へ進出。柔らかい身体から繰り出す
強烈なフォアが武器。

スポンサーリンク