スポンサーリンク

長崎くんち 例大祭を楽しむ 10月7-9日 
観衆の掛け声に引かれ天空高く舞う鰈の踊り

「もってこーい」「もってこーい」「しょもーやれ」「しょもーやれ」
熱気にあふれる境内に威勢のいい掛け声が飛びかう。ここは長崎の氏神、諏訪神社。年に一度の例大祭「長崎く
んち」ハイライトの一場面である。長崎くんちの歴史は長い。江戸時代の寛永H年(1634年)二一人の遊女
が諏訪神社の神前仁謡曲を奉納したのが始まりといわれる。以後、長崎奉行の援助もあって盛ん忙なり、奉納踊は
異国情緒にあふれる絢爛豪華な祭礼として当時から評判を呼んだ。

奉納踊とそれを盛り上げる観衆の熱気は平成の今にも続いている。長崎市には踊町と呼ばれる59もの町があり、これが7つめ組に分かれ、7年に一度、
奉納踊を順番に披露していく。その年の鯒町では祭りの凖備に余念がない。例年6月1日は稽古始めとなる「小屋入り」
が行われる。踊町の世話役や演者が大役の無事達成を祈願。昔は小屋を建てて稽古に専念したことからその名が受け継がれている。
子どもたちが夏休みに入る7月下旬からは町のいたるところで熱心な稽古が行われる。

本番近くになると、各踊町のプラカードとしての役割をする傘鉾や衣装を展示すぞ「庭見せ」があり、各踊町内で演技の仕上がびを披露する
「人数揃い」が行われる。`そして10月7日からの本番を迎えるのだ・\祭り本番では、こ絢爛豪華な中にも、
演者に掛け声がかかるなど地域独特の親しみやすさが加わる。こ人気の演し物「龍踊」などは間近にずると大迫力。ま
さに生きた龍が天空を乱舞するかのよう。「もってこーい」「しょもーやれ」は一度退場した演し物をもう一度引き戻
すための「アンコール」だJ地元の人たちと一緒に声を上げてみよう。よくやったと思っ瓷ち、そのときはほめ言葉「よ
いやあ」こと叫んでみよう。

長崎の町中が祭り一色に市内散策も楽しみ

祭りの期間中、10月7~’9日は、長崎市内のあちらこちらがにぎやかな雰囲気に満たされる。。メイン会場の諏訪
神社で最高に盛り上がるところを見るのは一番の楽しみとして、祭り気分の町中を歩いてみるのも楽しいものだ。長崎くんちに楹「庭先回り」という
ものがある。諏訪神社など所定の会場で演し物を済ませた後、市内の店先や民家の前でも演じ、福のお裾分けをす
る。運よく遭遇できたなら、一年の福を分けてもらおう。


from:旅の友

スポンサーリンク