スポンサーリンク

川栄李奈 初主演舞台が好調 大女優に!? 
AKB48を8h卒業8月に卒業したばかりの川栄李奈が初主演舞台『AZUMI 幕末編』
で好演をしネット上で話題になっている。

漫画家の小山ゆう原作の『あずみ』で、過去には上戸彩での映画化、黒木メイサの
舞台と、いずれも話題になっている作品です。

AKB48おバカキャラで人気を集めていたので、周りがこのヒロインをこなせるの?という
不安も出ていたが、この初日の殺陣には誰もが関心。
私も下の動画で見たが、まずは合格点!あなたのどう思いますか。

どうですか、様になっていますよね!?

演出の岡村俊一から
「感受性がすごくいい。おバカと言われているけど、容量が巨大なコンピューターという感じ」
と絶賛され、またドラマ『ごめんね青春!』で共演した錦戸亮からは
「ブチ切れる川栄さんの切れ味がすごい」と称賛されています。

以前のおバカキャラというのも天性の演技かもしれませんね。
変につっぱったキャラより、おバカキャラのほうが周りから好かれますよね。持って生まれた
才能かもしれませんね。

それではそんな彼女を生年月日ではなく姓名判断で占ってみましょう。


まずは表性格から、

「人のご縁に恵まれている人。
川栄さんはいつもいい人に囲まれているようね。家族や親戚、友だち、先生や上司など、
その時々で力になってくれる人がいるんじゃないかしら?そのことが、川栄さんのお名前に
秘められているのよ。もちろん川栄さん自身の人柄のよさも大きな理由になっているようね。
だから何をやってもうまくいくんだわ。だけど、調子がいいときほど謙虚さを忘れないでいて
ほしいわね。「うまくいったのは自分が頑張ったからだ」と、天狗になっているようでは人は
離れてしまうわよ。たとえ自分の努力があったとしても、「みなさんのおかげです」と笑顔を
見せることね。これがさらに幸運を引き寄せる秘訣になるのよ。自分ではひそかに努力して、
周囲には感謝の気持ちを示すこと。そうすれば人生は大きく開けるわ。」

そして裏性格は、

「実は、思いやりの深い優しい人。
川栄さんのお名前には、人を思いやる力が秘められているのよ。お世話好きで親切に
できるようね。きっとまわりの人は喜んでいるはずだわ。
だけど本当に相手が喜んでいるかどうかを、よく考えることも大切よ。川栄さんは親切な
つもりでやったことが、相手はそうではないこともあるのよね。まず相手の立場に立って考えて
みるといいわね。もともと情が深くて優しい川栄さんだから、相手のためにどうすればいいか
わかるはずよ。思いやりに知性が加われば、ますます川栄さんの人望は高くなるわ。
それはこれからの人生に、大きなプラスになるのよ。もちろんそんな見返りを求めて優しく
するのはよくないけれど、結果的にまわりまわって川栄さんを助けてくれるわよ。」

スポンサーリンク