ジョニー・デップに何が起こったのか!?第72回ヴェネチア国際映画祭


スポンサーリンク

ジョニー・デップに何が起こったのか!?第72回ヴェネチア国際映画祭 | トレンドニュース
いまジョニー・デップの変わりようがネット上で話題になっています。
アメリカの昨日のワシントンポストでも
What happened to Johnny Depp? ”と大きな見出しで掲載されている。

いったいジョニー・デップの身の上に何があったんでしょうか。ちょっと心配になりますね。
12日まで開催されていた第72回ヴェネチア国際映画祭には、奥さんのアンバー・ハード
と一緒にレッドカーペットに登場しました。
今年の2月に結婚したばかりなのに、いま二人の間には不仲説が飛び交っています。
今年のヴェネチア国際映画祭にはそれぞれ二人の出演した映画
『ブラック・スキャンダル』と、『The Danish Girl』が出品されていました。

この二人が並んでレッドカーペットに登場した様子がYouTube上にありました。
よくその画面をご覧になってくださいね。

どうですか?気づきましたか。ジョニー・デップの体型と表情が。
タバコをふかしながら車を出てきたジョニー・デップ。しばらく歩いて二人並んでのカメラ
撮影の時のジョニー・デップの表情がこわばり、目が定まらず落ち着きのない様子ですね。

このYouTubeの動画は2度目のレッドカーペット登場の時のもので、前日の土曜日に、
『The Danish Girl』のレッドカーペットを歩いた時よりもさらに顔が膨れ上がっており、
クールなジョニーはそこにはいない!と噂された。しかも前歯が1本抜けているようだ。

いったい、ジョニー・デップに何が起こったのか!?ワシントンポストならずともジョニー・デップ
のファンなら大いに気になるところ。

そしてネット上にも

「『パイレーツ・カリビアン』では金歯だけど、なんで歯がないんだろう」
「血が出ているみたいで、気持ち悪い」
「お酒の飲みすぎで顔が腫れているのかな」
「あんなにかっこよかったのに、どうしちゃったのかな?」
「アンバーと付き合ってから、不幸せで不健康そう」
「アンバーが綺麗で若いから、余計にみじめな感じに見える」
「アンバーにフラれそうなら努力しそうなものだけど、すごい劣化振り。実は結婚が幸せで
はないのでは?」

ナーンテいうコメントが続々と上がっている。

これにはやはり、奥さんのアンバー・ハードとの不仲説の原因になっている?ジョニーのタバコや
アルコール依存症があるんではないかと推測される。

このアルコール依存症については彼の過去から推測できる。
1978年に両親が離婚した後、ストレスがたまり自傷行為を繰り返して、12歳で酒を飲み始め、
14歳の頃からドラッグに手を染めた。そして親友との死別を機に足を洗ったとされているが、
そう簡単に抜け出せないのがこの種の依存症の特徴だ。

それが今また、大きな波になってジョニー・デップの身の上に降りかかっているんではないか。
もしそうであれば彼も50を過ぎているんで、本格的な治療を試みなければ、自分で自分の
身を滅ぼすことになるんではないでしょうか。

スポンサーリンク