秋山郷・松川渓谷 信州の秘境を楽しむ


秋山郷・松川渓谷 信州の秘境を楽しむ | トレンドニュース
大型バスでは行けない秘境へ・秋山郷で秋の秀景に出会う

手つかずの自然が残る秘境を染める赤や黄色の彩り豊かな木々たち。大型バスでは
行くことができない秋山郷は、そんな紅葉模様を楽しめる地だ。
秋山郷は、信濃川水系の中津川流域、長野県の栄村と新潟県の津南町にまたがる
渓谷地域。東に苗場山、西に鳥甲山があり、2000メートル級の雄大な山々が周囲に
そびえたつ。地名に「秋山」を冠するとおり、秋には切り立った渓谷の一面が、あでやかな
錦絵へと姿を変える。

秋山郷は、知る人ぞ知る紅葉名所の秘境である。秋山郷内に数ある紅葉スポットの中
でも、特に外せないのが小赤沢集落の紅葉だ。雄大な苗場山を背にする集落の標高は
約730メートルで、紅葉の見ごろは、例年10月中旬から11月上旬にかけて。集落の
周辺に広がる広葉樹林が描き出す色とりどりの錦秋模様は息をのむほどの美しさだ。

大蛇伝説が残る蛇淵の滝。も代表的な紅葉名所のひとつ。蛇淵の滝は、
落差約30メートルの豪快な二段滝。この滝を燃えるような真紅の木々が包み込み、
圧巻の秋景色を楽しむことができる。秋山郷の最深部は、標高約900メートルの切明。

美しき山河が日本の原風景を造り出し、静けさに包まれたこの地は、まさに秘境と
呼ぶにふさわしい。紅に染まる渓谷を流れ落ちる夫婦滝など秋の見どころも盛りだくさんだ。

戸隠の鏡池と松川渓谷・信州屈指の紅葉秘境へ

信越エリアには、秋山郷以外にも秘境と呼ばれる地が多数存在する。今年
3月に国内32番目の国立公園「妙高戸隠連山国立公園」として指定された戸隠地域
もそのひとつ。周囲を戸隠山や飯縄山に囲まれた標高約1100メートルの地が、例年9月
下旬から10月下旬には、美しい紅葉に覆われる。
戸隠地域の紅葉の中心地といえば鏡池。池へつながる道路の幅が狭いため、大型バス
では進入できない秘境だ。水面に雄大な戸隠連峰の四季を映し出す鏡池へは、
特に秋の時季に訪れたい。

紅葉の木々と戸隠山の対比は、まるで一幅の絵のような美しさを見せてくれる。
信州の高山村にある松川渓谷もみごとな紅葉で知られる地。例年10月上旬から下旬に
かけて、カエデやブナ、ナナカマドなどが色づき、山深いV字渓谷に彩りを添える。

赤いアーチ橋と紅葉が調和した「高井橋」や、落差約30メートルの滝を裏側から見ることがで
きる「雷滝」など、バラエティに富む秋景色は必見だ。信越エリアに点在する紅葉秘境の
数々…。今年の秋は、一度は見てみたい絶景を探しに旅へ出よう。

from:旅の友